小陰唇肥大の治療方法│正しい知識を身につけよう

痛みや臭いの原因

悩む女性

デリケートゾーンの悩みを持つ女性は多くいのですが、小陰唇肥大のように刺激による痛みを伴う症状は、早めの治療をおすすめします。放置していると、恥垢が溜まりやすくなり臭いの原因になってしまいます。

もっと見る

ホルモンとの関係性

女性

人それぞれ体型や体質に違いがありますが、中には他人に相談できず悩んでしまう方もいます。特に女性の場合、デリケートゾーンの問題は例え友達や親であっても気軽に話すことができず、一人で悩みを抱え込んでしまうこともあります。中でも小陰唇肥大で悩んでいる女性は多く、パートナーからの指摘でコンプレックスになってしまったという方もいます。小陰唇肥大とは、小陰唇が肥大している状態をあらわしていますが、先天的な影響が強く、ホルモンとの結びつきが考えられています。また、加齢と共に小陰唇肥大になる傾向も強く、詳しい原因の解明にまでいたっていません。

小陰唇の外側から膣口までの幅が2センチ以上の状態の場合、小陰唇肥大だと判断されます。また、左右の小陰唇の大きさが異なる場合や、下着の着用で小陰唇が見える場合も肥大とみなされます。そのままの状態を放置しておくと、肥大した小陰唇が不衛生になりやすくなり、デリケートゾーンの臭いを強めてしまうこともあります。また、下着や衣類で小陰唇が擦れて炎症を引き起こし、さらなる症状の原因になってしまうでしょう。ですが、手術を受けることでこれらの不快な症状が解消されます。手術と言うと、とても大掛かりなイメージを連想する方もいますが、日帰りでの手術が可能になっており、時間にすると30分から40分程度で終わります。組織のほとんどが粘膜できている小陰唇は、傷の治りも早く痕もほとんど残りません。

手術費用と流れを把握する

レディー

小陰唇肥大に悩み、改善のために手術を受けようと考えた場合に気になるのが費用でしょう。クリニックや手術法によって費用に差があります。また、手術の流れにはそれぞれ流れが異なってきます。

もっと見る

術後の変化

ウーマン

小陰唇肥大で悩んでいるが、手術にふみきる決心がつかないという方も中にはいるでしょう。手術後の快適さや症状の改善がどのようになっているのか知ることも大事です。手術を受けた人の口コミを調べてみるのも良い方法です。

もっと見る